交通事故後の処理、保険会社との示談交渉は弁護士に相談しましょう。 後遺症が残った場合などの損害賠償についても相談しましょう。

交通事故に遭ったら

普段いくら気をつけていても、突然もらってしまうこともあるのが交通事故。

生活しているなかで、そう何度も事故に遭う人はいないでしょうから、もしものことがあったとき、まず何をしたらいいのかパニックになってしまうことだと思います。


事故に遭ってしまって、まず何よりも優先してすべきこと、それは負債者を救護することです。

すぐに119番通報をして、二次災害が起こらないように車を路肩に寄せたり、停止表示板などを立てます。


また、人身事故でも物損事故でも、警察に届け出る義務があります。

後日、示談交渉の際に交通事故証明書が必要になりますので、警察には必ず届出ましょう。

また自分が加害者ではなく被害者の場合も届出は必要です。


そして、大切なことは、相手方の連絡先等の情報をきちんと確認しておくことです。

加害者の住所・氏名・連絡先はもちろん、自賠責保険や任意保険、車のナンバー、自動車保険の会社名・証明書番号などは書き留めておくことが重要です。


また、現実的にそんな余裕はないかもしれませんが、目撃者がいないかということも確認しておいたほうが後々役立ちます。

実際には警察による実況見分が行われますが、自身でも事故現場の状況を記録に残したり、写真などで見返すことができるようにしておくとさらに安心です。


そして自分の加入している保険会社へのすみやかな連絡と、大事なのは医師の診断を受けることです。

保険会社との示談交渉は、弁護士に交通事故 相談するようにしましょう。


軽傷だからと自分で勝手に判断せず、必ず受診するようにしましょう。